スタッドレスタイヤは何年使うことができるの?
その寿命を考えずに使用している人も、少なくありません。
保管方法が不適切な場合、すぐに劣化してしまうケースがあるのです。

そうなれば、事故の可能性が高くなり、雪道では自動車が簡単にスリップしてしまいます。
スタッドレスタイヤの保管方法を知るとともに、寿命のチェック方法も知っておきましょう。

スタッドレスタイヤは、夏用タイヤと同じような大きな溝がありますが、その溝にさらに小さな溝を付けられています。
これが凍結路でも、グリップ力を保持する秘密なのです。
 
スタッドレスタイヤには、プラットホームと呼ばれるマーカーが付けられており、タイヤの表面に現れたら溝がすり減っていると判断すればいいのです。

要注意なのは、不適切な保管方法のため、ゴムが劣化している場合です。
溝があっても、ゴムが劣化すると固くなって、スリップしやすくなります。
 
スタッドレスタイヤの保管方法が重要になる理由は、劣化が進むからです。
ゴムの劣化は見ただけではわかりませんから、整備工場などでチェックしてもらうことが必要になります。