またまたガソリン価格が高騰してきましたが、お盆の時期には多くの人に影響が出ます。
今回は、ガソリンの比重と価格について見ていきましょう。

・ガソリンの比重
1リットル当たりの重量で計算されます。
常識として水よりも油は軽いですから、比重は1よりも小さくなり、ガソリンの種類によって比重は少しずつ異なっています。
この比重の差が燃費やパワーの違いとなるもので、一般の車に使用されているのは、分解ガソリンと呼ばれているものです。
また、スポーツタイプ車や高級車に使用されるハイオクガソリンは、通常のガソリンよりも比重が大きく、それだけ馬力を出すためなのです。

ガソリン価格の高騰によって、燃費の良い車が注目されるようになってきましたが、ハイオクガソリンを使用している人などは、あまり気にしていないのでしょうね。

ガソリンは空気よりも重いですが揮発性で、セルフガソリンスタンドでの給油、ガソリンはいつでも爆発する可能性がある、危険なものであることをよく理解しておきましょう。

賢い乗り方で、ガソリン高騰を乗り切りましょう。