ガソリンの価格はどのようにして決まるのでしょうか。
国内で一律の価格ではありません。
ガソリンの価格が高騰すると、多くの人に影響が出ます。
一般的な価格は日本が買い付ける原油価格の影響を受けます。
つまり、原油価格の上がり下がりがそのままガソリンの価格に跳ね返っていると考えればよいのです。

現在は市場連動型に変更されています。
つまり、原油価格の影響をもろに受ける価格設定となっているのです。
原油の価格は毎日変動しています。
それは投機的な思惑も絡んで、市場が動くのです。

またガソリンの高騰がいつまで、価格はどこまで...といった問いには回答がありません。
市場の動向次第と言うことで、原則として原油のその日の購入価格が、ガソリンの価格に反映されます。


実際には店頭価格はそれよりも少し遅い変動となります。
しかし、原油価格が上がったならば、ガソリン価格も確実に値上げされると考えておきましょう。
ただし、それを知ったからといって、消費者には何の対策もできません。
ハイブリッドカーや低燃費の軽自動車を購入することを、検討してはいかがでしょうか。