マリンな気持ち

車好きな私がお届けする平凡日記。

自動車保険のサービス満足度

自動車保険は、保険料に相当したサービスを受けたいものです。
サービスの満足度で、ランキング上位となっている自動車保険として、まず名前が挙がるのが「ソニー損害保険」です。

ソニー損害保険は走行距離によって保険料が定められるので、日常そんなに車を使わない人からの支持が強いようですね。
 
その上、保険料も安く、充実したロードサービスが大きな魅力となっています。
それと担当の応対が丁寧、という口コミも見られます。

高級車レンタル オープンカー

男性に限らず女性でも、オープンカーに乗りたいなぁという、憧れがあるんじゃないでしょうか。
旅行先でオープンカーのドライブ、いい思い出になることは間違いありません。

沖縄は人気の旅行地であり、車をレンタルする人も多いです。
都心部もオープンカーは取り扱っていますが、沖縄の方が種類もたくさんあります。
海のそばのドライブに、オープンカーで走るのはたいへん気持ちいいもんです。

エネオスのガソリン価格

◆エネオスが進める新しいガソリン
すべてのエネオスのガソリンスタンドで、販売されているわけではありません。
ですから、バイオガソリンを購入しようと考えるのならば、あらかじめ調べておくことが大切です。
バイオ燃料の特徴として、燃費の向上はありませんが、二酸化炭素の排出量が減少することが挙げられます。

二酸化炭素を吸収して育った植物が、燃料となっているのです。
このバイオガソリンの使用は国の政策として進められて、そのため石油業界が積極的に協力しているのです
ガソリンの高騰に対策にもなることでしょう。

これはバイオガソリンと呼ばれるもので、エネオスだけが販売しているわけではありません。
原油の値上がりによって、ガソリンの価格高騰が問題となっています。
ガソリンの節約には限度がありますから、できるだけ安いガソリンを購入したいと考えますよね。

でも、価格は安くなくても地球にやさしいガソリンを選ぶという考えもあり、低燃費でエコなガソリンを使用することが一番理想かもしれません。
このバイオガソリンは、バイオETBEを配合したガソリンで、ハイオクとレギュラーがあります。
これはトウモロコシやサトウキビの植物から生産される油で、植物系の原料ですから、地球環境にやさしいと言えるのです。
もちろん、その原料だけではガソリンとして機能しませんから、通常のガソリンと混合したものが販売されています。

ガソリンの比重と価格

またまたガソリン価格が高騰してきましたが、お盆の時期には多くの人に影響が出ます。
今回は、ガソリンの比重と価格について見ていきましょう。

・ガソリンの比重
1リットル当たりの重量で計算されます。
常識として水よりも油は軽いですから、比重は1よりも小さくなり、ガソリンの種類によって比重は少しずつ異なっています。
この比重の差が燃費やパワーの違いとなるもので、一般の車に使用されているのは、分解ガソリンと呼ばれているものです。
また、スポーツタイプ車や高級車に使用されるハイオクガソリンは、通常のガソリンよりも比重が大きく、それだけ馬力を出すためなのです。

ガソリン価格の高騰によって、燃費の良い車が注目されるようになってきましたが、ハイオクガソリンを使用している人などは、あまり気にしていないのでしょうね。

ガソリンは空気よりも重いですが揮発性で、セルフガソリンスタンドでの給油、ガソリンはいつでも爆発する可能性がある、危険なものであることをよく理解しておきましょう。

賢い乗り方で、ガソリン高騰を乗り切りましょう。

ガソリンの比較と車

安いガソリンスタンド、近いところでなければ意味がありません。
ガソリン価格の比較サイトがあり、ガソリンの価格高騰の影響で、このようなサイトが人気を集めているのです。
全国のガソリンスタンドが出てきます。

できる限り安いスタンドで、ガソリンを満タンにしておきましょう。
もちろん、しばらくすると給油しなければなりませんから、その節約効果はわずかなものになります。
ガソリンの価格は地域によって異なります。

石油会社が同じでも、それぞれのガソリンスタンドが販売価格を設定するからです。
ガソリンスタンドの経費節減には限りがあります。
現在のシステムでは現在以上の合理化は難しいと考えていいでしょう。

価格の高騰が続くからといって、車に乗ることをセーブすることはできません。
もちろん、無駄な乗り方をしているのであれば、それを改善することは大切です。

しかし、車通勤が当たり前の地方では、ガソリンの節約はほとんどできないのです。
低燃費の車が人気を集めるようになってきました。
これから車を買い換えるならば、燃費が選定基準の一つと考えてよいでしょう。

ガソリン価格の高騰

ガソリンの価格はどのようにして決まるのでしょうか。
国内で一律の価格ではありません。
ガソリンの価格が高騰すると、多くの人に影響が出ます。
一般的な価格は日本が買い付ける原油価格の影響を受けます。
つまり、原油価格の上がり下がりがそのままガソリンの価格に跳ね返っていると考えればよいのです。

現在は市場連動型に変更されています。
つまり、原油価格の影響をもろに受ける価格設定となっているのです。
原油の価格は毎日変動しています。
それは投機的な思惑も絡んで、市場が動くのです。

またガソリンの高騰がいつまで、価格はどこまで...といった問いには回答がありません。
市場の動向次第と言うことで、原則として原油のその日の購入価格が、ガソリンの価格に反映されます。


実際には店頭価格はそれよりも少し遅い変動となります。
しかし、原油価格が上がったならば、ガソリン価格も確実に値上げされると考えておきましょう。
ただし、それを知ったからといって、消費者には何の対策もできません。
ハイブリッドカーや低燃費の軽自動車を購入することを、検討してはいかがでしょうか。

高級車をレンタルするメリット

◆高級車をレンタルするメリット

・車にかかる費用を節約できる

毎日利用するわけではなく、レンタルであれば、レンタル料と保険料・ガソリン代だけで済みます。
・環境にも優しい
車をレンタルすることで、必要な時にだけレンタルすれば、排気ガスも減り、環境にも優しいです。

・高級車をレンタルする最大のメリット
自分では手に入れることのできない車に、乗ることができる点です。
車を所有していても、高級車に乗ってみたいという人は多く、レンタルする人は少なくありません。
高いお金を出してでも憧れの車に乗りたいという人は多いのです。

またレンタルであれば、借りる度に様々な高級車に乗ることができるという点です。
ベンツであったり、BMWであったり、いろんな車を運転できるのが魅力です。
旅行先で、高級車をレンタルする人もたくさんいます。
旅行に行った際に、奮発して高級車に乗ればいい記念になることも間違いありません。

オープンカーのレンタル

天気のいい日にオープンカーで走ればとても気持ちいいでしょう。
でも、自分の車として実際に購入を考えた時、実用性を考えるせいか、オープンカーを購入する人はそんなに多くありません。

しかし、お洒落な車として、男性のみならず女性でもオープンカーに乗ってみたいという憧れが...。
そんななか、購入しなくても、オープンカーを楽しむことができますよ。
オープンカーをレンタルするのです。
オープンカーは比較的高級車として作られていることが多く、スポーツカータイプのものが人気になっています。
取り扱っているお店はリゾート地や都心部が中心になっています。

沖縄は人気の旅行地であり、車をレンタルする人も多いのです。
なぜなら沖縄の方が種類もたくさんあります。
海のそばのドライブにオープンカーで走るのはとても気持ちいいです。

安いものは、1日1万5千円程度でレンタルが可能になります。
BMWやベンツとかシボレーやフォードのオープンカーはたくさん取り扱われています。
少し値段があがればボルボやフォルクスワーゲンがあります。
ポルシェのオープンカーもレンタルできますが、1日で4万円以上の料金がかかります。

日本でのフォルクスワーゲンのラインナップ

現在、日本に導入されているフォルクスワーゲンは、
Polo、CrossPolo、GolfVariant、Jetta がありますが、新車のみならず、中古車も人気が高く 好い評価がされているものでありますが、そのほかラインナップされているモデルを見ていきましょう。
テレビCMでもさかんに流されています。


●NewBeetle
ビートルで幕を開けたフォルクスワーゲンを語る上で今なお外せないのがニュービートルの存在でしょう。
現行ビートルも気が付けば生産開始から11年が経過していると言います。
流行のゆるキャラテイストで安定した人気を誇っているニュービートル、初代ビートルに並ぶ長寿モデルとなり得るのでしょうか。

●Eos
4シーターのクーペ・カブリオレで、サイズ的にはゴルフとジェッタの間に位置します。
ルーフは5分割構造で、スイッチひとつ押せば25秒で完全な開閉動作を終えます。

●Passat
堅実なイメージを守り続ける正統派セダンです。
日本に正規輸入される4ドア車の中で最上級モデルとしてはパサートCCが存在します。

●GolfTouran
ゴルフベースの7人乗りミニバンとしてデビューしました。
2列目のシートは3つの独立シートが備えられ、それぞれに前後のスライドや折りたたみ、取り外しが可能になります。
大人がきちんと快適に乗ることができるのか、という点が追求されたモデルです。

●Tiguan
フォルクスワーゲン社初のコンパクトSUVで、ライバルとしてはトヨタRAV4や日産エクストレイルなどが挙げられます。
367万~という戦略的な価格は、カジュアルさを求める日本の若者には魅力的に映るかもしれませんね。

●Touareg

ポルシェ・カイエンなどの高級車とコンポーネントを共有するプレミアムなSUVです。
2009年ダカール・ラリーでの優勝に証明されるように、そのオフロード性能の高さは本物と言えます。
価格はV6で617万、V8では810万となっています。

レクサスブランド

レクサスという車のブランドが有ります。
元はトヨタ自動車で、トヨタ自動車の高級車を取り扱う専用ブランドとして北米で立ち上げられた様でその誕生は1989年でした。レクサスから初めて出された車は「LS」と言うモデルだったそうですが、この車を日本ではセルシオと言う名前でトヨタブランドとして発売されたそうで、その造りの良さから成功に導いたそうです。

そう考えるとセルシオをレクサスから発売しても同じ高級車なら良かったのではないかと思うのですが、レクサスの販売主体が北米だった事、車種に付ける名前は全て日本語を使わない事から、同じ車だとしてもトヨタブランドとレクサスブランドの線を引きたかったのかもしれませんね。それで高級車としてのイメージを付けたかったのかもしれません。

北米で展開されていたレクサスですが、今では本格的に日本上陸を果たしており、高級輸入車のベンツやBMW等と同じ様な位置で販売展開をしています。
高級車から高級車に乗り換えるオーナーや高級車に乗りたいけど出来れば日本の物が良いと言うオーナー、トヨタブランドのセルシオクラスの高級車から乗り換えるオーナー等、レクサスブランドの注目は徐々に高まって来ています。

レクサスの日本上陸の流れを受けてかトヨタ自動車の看板とも言えたセルシオやハリアー、ソアラ等の高級車ラインがトヨタから消えてレクサスブランドで展開される様な流れになったそうで、同じトヨタ自動車の仲間とは言えちょっと寂しくもありますよね。

  • ライブドアブログ